「人は見た目じゃない、中身が大切だ」という風に言いますが、これは…

「人は外見で判断しない」という風に言いますが、これ・・

「人は見た目で判断しない、中身だ」なんて言いますが、正しいし、また間違いでもある、と思います。生涯を共にする相手だとしたら、何よりも中身は大切な部分です。しかしながら、残念なことに心理学的には人は見た目で人を判断し、おまけにその後の評価にもつながると言われているのです。平たく言うと、自分の意思とは関係ないところで出会った相手に対しての印象が決まってしまうということです。そのため、婚活をしていく際は、まずは、好印象を相手に与える、ということが大切なことなのです。毎回張り切っているのがバレバレな服装ブランド物のバッグを使っていては、常識的に考えると一般的な女性だったら少なからず引いてしまうかもしれません。求めているパートナーがそんなタイプなのであれば、差支えないのですがもし、あなたが普通の女性を必要としてるのなら、相手の女性と同じように普通にしているほうが良いケースも多々あるのです。そのままの自分でも大丈夫なんです。

婚活イベントに実際に参加してみて気づいたことです…

婚活でする色々なイベントに何回も参加してわかったことですが、婚活が目的のイベントに参加する際は、露出は控えめな方が成功率が高まります。私も当初、脚を出したスカートや、胸が目立つ服、また、背中の見える服などいつも肌の露出が多めの服を着ていました。そんなファッションのほうが男性へのアピールになる、と想像していたのですが、「そんな考えは逆効果だからやめなよ」と男友達に忠告され、ハッとしました。彼氏を探すのであれば、露出の多い服は男性からモテますが、多くの男性が、本気で結婚相手を選ぶ時には、清楚風なファッションの子が好かれやすいので、露出が多い女性には、家庭的な雰囲気を感じないのだそうです。その男友達の忠告どおり、おとなしめの清楚風な衣装でパーティーに出向いてみると、男性のリアクションが明らかによくなりました。

婚活中の私の知人には、婚活が目的のパーティーに夢中になっている女性がいますが、…

婚活中の私の友達で、婚活でするパーティーにハマっている子がいるのですが、ほぼ毎週、パーティーに出ていて、数えたら100回はいってると思うくらいのベテラン。ほぼ欠かさず、パーティーに出席しているわけですから、当然、その子は独身です。かなりの回数を経験しているのになぜ今でもパートナーがいないのかというと、結婚相手を探すことを意識しておらず、パーティーで参加者の中でナンバーワンの人気を獲得することに興味があるからです。もちろん最初のうちは、その子も婚活の一環として参加していたのですが、美人なことが幸いして、人気が集中しやすく、だんだんどれだけ多くの男性に選んでもらえるかの方が大事になってしまい、婚活をほったらかしにして、男性に気に入られるのが主目的になったといいます。参加の目的が変わってきてしまったようです。未だに結婚を考えず、独身のままでいるようです。

婚活サイトなどを活用する場合、一番に力を入れてほしいのはアバター画像です。

婚活サイト、マッチングアプリでは、一番に重要視してほしいのはアバター画像です。どうしてかというと、婚活サイトやマッチングアプリでは、プロフィール写真が結果に響くからです。というわけで、マッチングアプリ、婚活サイトなどのプロフィールにアップするなら顔写真は、はっきりと写りの良い表情のものを選んでおくととよいです。ピンぼけや、表情が見えにくい画像が婚活サイト参加者の多数を占めるので成功のチャンスを高めるためにも、使用する画像には気をつけていくことに特に注意してください。第一印象が決めてになるから、あなたの強みを活かせられるように撮影するカメラ、照明の角度、メイクなどにも気を配ってみてください。しつこく強調しますが、見た目の印象というのは、かなり大切です。これは、日常生活の中でも同じことが言えます。ただ、日常とは違いこのようなサービスでは、初めからお互いに顔を見て話しができませんから見た目の印象は特に重要です。婚活でチャンスをゲットするためにも、「プロフ用画像」を作成することから考えてみてください。

仲良しな姉または妹がいる男性と付き合っている場合、いざ後々のことを考えたとき…

仲の良い姉や妹がいる男性と付き合っている場合、いざ結婚後を考えると、やっぱり気が重くなる人もいるのではないでしょうか。あなたにとっては、結婚後は単に義理の姉または妹ですが、夫になる人を基準としてみれば、かけがえのない家族なのは変わりません。でも、考えようによっては、義理の姉、妹ほど心強い存在はありません。うまく付き合うことができれば、あなたの味方となってくれるかもしれません。その理由は、女性の最大の味方も女性と言うからです。けれども、義母の場合は、そういった期待はできません。もちろん、すべての人がそうではありませんが、義理の母親は、夫婦間で意見が食い違う事態となった場合に、息子を困らせたくないがために、どのような理由か関係なく息子の嫁であるあなたに非がなくても攻撃することが多々あります。それとは対称的に、義理の姉、妹は、あなたの存在が疎ましくない限り事態を是々非々で判断してくれます。つまり、義姉妹と上手く付き合えば、結婚生活も充実したものとなるので安心してください。

「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」と格言のように言われていて、聞いたことのある人もいるとは思います。そし…

「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」と昔から言われていて、耳にした人もいるとは思いますが、実際にこれは間違いではありません。その理由は、結婚をした場合、普通で考えれば、一緒に住むわけですが、そうなれば、もちろん、一緒に食事を行うため、やはり料理をするのが得意で家事を面倒に思っていない女性が必要とされるからです。ですが、「あなたの得意料理は何ですか?」と質問されたとき、パスタ、カレーライスと返答するのはタブーですし、その後の印象を悪くするので要注意です。男性大半は、パスタを軽い食事程度と捉えています。また、カレーの場合は、時間がかかる割に、手抜きのように感じられるので、一から手作り、ぐらいでないと得意料理ですと答えられてもガッカリされてしまいます。「どういった料理が得意ですか?」と男性に聞かれた場合、お勧めの答えは親子丼。あまり気取った感じもないですし、非常に家庭的な温かい雰囲気がありながら、盛り付けが意外に難しく、料理の上手な女性だな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあります。得意とアピールできるよう、練習してみてはいかがでしょう?