私が婚活を始めて一年ぐらいになりますが婚活を始めてからしばらく・・

婚活(結婚活動)を始めてけっこう経ちますが婚活(結婚活動)を始めてからしばらくの間…

  • 私が婚活を始めからて一年ぐらいになりますがこれまでは、失敗しないようにしたかったのと、生涯のパートナーとしてふさわしい相手を探すために私の婚活状況がどういった具合か、などを知り合いや仲の良い友人にすべて報告し相談にものってもらっていました。相談にのってもらった知り合いには婚活パーティーで知り合った人もいるのですが、婚活(結婚活動)では、そういった知り合い・友人が多いと状況は有利になります。私はそういう仲間の間で情報交換をして行動にうつしていきました。例えばですが、婚活にはどういう服が好ましいか、などといった婚活で成功するためのヒント、または、男性が結婚相手に求めること、などです。そのうえ、私はもともと、恋愛や男性に対して積極的なほうではありませんでしたから、色々な学びをしていくうちに結婚活動での可能性を感じられるようになりました。しかしながら、周りの意見ばかりに頼ってしまったせいか、未だ結婚には至っていません。
  • 婚活で最も必要なのは、ある程度、計画を決めて行動する、ということです。

  • もしあなたが、結婚活動をするなら最も大切なことは、ある程度、計画性をもって行動することです。それが良い結果につながります。きちんと計画を立ててから行動していける人、というのは、婚活市場においても良い成果が出やすいのです。最初に、婚活を行う期間を前もって設け、そして、婚活に充てることができる予算もだいたい設定しておいたほうがいいでしょう。また、結婚活動中は物事が思うようにいかないこともあります。そんな状況が続いた場合ストレスを過剰に感じやすいので、迷いが生じるのでそのままジワジワと気付かないうちに良くないほうにはまり抜け出せなくなる可能性があります。婚活は、勢いも必要です。気を落とすようなことばかりではなく、トントン拍子で良いことが起きることだってあります。そんな時には、きっちりとそのチャンスをものにできるように、無理な計画を避け、婚活に臨みましょう。
  • 結婚活動(婚活)を通じて意気投合した人との連絡を取る手段に…

  • 結婚活動(婚活)で知り合った人との連絡を取るためのツールとしてLINEなどのSNSサービスを使うのはお勧めできません。LINEだと、非常に気軽で経済的であるという利点はあるものの、フランクな関係に陥りやすく、「結婚を前提とする真面目なお付き合い」という観点からすればまったく適しません。なので、メールを含む、携帯電話上でのメッセージの使用は最低限にしましょう。あとは実際に会話をするのが一番です。そうすれば誤解も減少し知りあうには会話が有利だからです。直接、会話でコミュニケーションをとることで、メッセージで生じる誤解をゼロにし、相手に対する互いの気持ちや結婚に対する価値観を確かめ合うことができますし、おまけに結婚相手の見極めが楽になるはずです。要するに、直接の会話をしてこそ結婚活動で成功するために、大切なことであり、メッセージはほどほどを意識しておきましょう。
  • これから先、婚活のイベントとして行われるパーティーに行くのなら・・

  • 婚活が目的のパーティーに行くのであれば、男性受けの良いメイクや服装、ヘアスタイルを選択することがけっこう重要です。おしゃれした方が良いのはもちろんですが、するほどいい、というのは間違いで、また、自分自身の感性でもなく男性目線であることを意識しましょう。複数回、実際に婚活パーティーに参加してみた私が痛感しているのは、一目でブランド、だとわかるようなアクセサリやバッグは、できるだけ使用を控えておくのが無難です。その理由は、お金がかかる女と捉えられて、敬遠される可能性があるからです。それに、流行りを意識しすぎたファッションでパーティーに行くよりも、簡素で派手さを抑えた服装のほうが男性からの受けは良くなります。
  • ネットの婚活サイトでマッチングして、そこで出会い、意気投合した相手…

  • ネットの婚活サイトの会員になって、そこで見つけ、気の合う相手と私の主人の古くからの友人が、ついこの間、ゴールインされたそうです。その男性は旦那と年齢が近く(主人は40をとっくに過ぎています)周りの人からは、「一生独身でいるのだろう」なんて思われていたそうです。ですが、実際には結婚を諦めていたわけでもなくただ単に素敵な女性と知り合う機会がなかっただけのようです。結婚する、と知らされたときは周囲の人たちも主人も、本当にビックリしてしまったそうです。と同時に、良い結婚相手が見つかって本当によかったなあと、誰もが思ったそうです。50代をひとりで過ごさずに済んでよかったなーと旦那もホッとしていました。後々、聞いたところではその人は、半分は諦めの気持ちで婚活サイトの会員になったようです。失敗を恐れず、婚活サイトでパートナーを見つけてみるのも可能性を拡げる意味でアリかもしれないですね。婚活サイトの存在は、今、大ブームなだけはありますね。時代を象徴した流れともいえます。
  • 婚活について知識のなかった私の場合、結婚活動をしていくうえ…

  • 婚活に関してあまり知識のなかった私は婚活の成功確率を高めるために、テレビの情報を参考にしています。テレビで取り上げられる婚活特集などを見ると、不思議とがんばろう、という気持ちになれます。そうしているうちに自分自身も婚活イベントや婚活でするパーティーにも参加してみようと考えるようになりました。またそういうテレビ番組では、婚活の様子だけでなく婚活パーティーなどの攻略のコツなどが頻繁に紹介されていました。そういったことの知識の乏しい自分にとっては本当にありがたかったですしその中で、「自分を飾りすぎないこと」が大切であると思い知らされました。どういうことかというと、ありのままの自分をさらけ出し本来の姿を知ってもらうことで相手からの信頼を得られるのです。今後の婚活では婚活をがんばってみようと思います。