あなたが結婚しようと思っていて、結婚活動に取り組んでいるとしたら…

あなたが結婚しようと思っていて、結婚活動中だとしたら、…

真面目に結婚しようと思っていて、結婚活動に取り組んでいるのなら、自身の内面について知っておく必要があると感じています。愚痴が多いとか自分勝手、というような事ではなくて、自身の「精神的な強さ」についてです。自分の「精神的な強さ」に関しては、客観視してみた方が良いです。私自身も、そういう意味での性格が良くないと分かっていたので、どうやって直していくべきか悩んでいました。自分に問題があるとわかったのは、婚活中に相手から距離を置かれることが頻発したからです。性格を良くするには、すくなくとも自分自身を信じてあげることです。自分自身を信じてあげることは、精神的な強さや自信にもつながるからです。自分に自信がなく、弱気でいると相手にもそれがバレてしまい、一緒に過ごす価値のない人として拒否されてしまう可能性が高いです。以前の私は、そういった気持の弱さを出してしまったので、避けられてばかりでした。そこで、自分に自信を持てるようにしようと考えました。言うまでもなく、何も裏付けのない自信を持っても意味がないので、「自分磨き」をしながら、気持ちを高めていくのがお勧めです。そのうえで、将来、良い人と巡り会えると信じることが大切です。

婚活(結婚活動)には、ルールが存在します。

結婚活動においては、基本的なルールというものがあります。そのルールとは、嘘偽りなく結婚できるパートナーを見つける、です。例えば現在、あなたに彼氏、彼女がいない状態で婚活をしてみようと考えたとします。その時は、まず、目的として結婚することが自分の意思として本当にあるのかどうか再確認してから行動に移してください。特に、婚活サイトに参加している人は、結婚願望が強く、真剣に結婚相手を探している人たちです。結婚の意思がないのに、安易な気持ちで婚活サイトの会員になることは基本的には規約違反扱いになります。それに、真剣な気持ちで結婚相手を探している人たちにとっては、単なる冷やかしと感じます。もしもあなたが、現時点では結婚願望がないのだとしたら、そしてまた、結婚ではなく、恋愛相手を見つけたいなら、婚活系サイトは止めて、恋活アプリの利用を検討してみてください。恋愛活動アプリでは、恋愛をテーマにしていますから、無難です。

前に、婚活パーティーで出会った男性がいました。

婚活パーティーに参加してとある男性と出会いました。ですが、その男性は、職業について嘘をついていたのです。その男性の自己紹介では、職業は医師で年収は1,200万円を越えると書いていたのに、全くのでたらめだったのです。当然のことながら、その嘘について私も含め、知っている人はいませんから、パーティーに出ていた結婚する相手の収入に関心がある女性からは、すごく人気がありました。その後、運良く(その時はまだ事実を知りません)私がその男性と意気投合できて、カップルになることができたのですが、仕事の話になると、なんだか相手が乗り気じゃない様子でした。段々、私も「どうも怪しいな」と思い始め、「勤務先の病院に知り合いがいるんだけど、その人、あなたのことを知らないよ?」と迫ってみると、医師は嘘で、実際はフリーターをしていると観念し、白状しました。当然ですが、嘘をつかれて呆れてしまったので、それ以降あっていません。

結婚活動していたころ、友人が異性を紹介してくれたりす…

結婚活動中、私の仲の良い友人が似合う相手を紹介してくれることがよくあり、サポートをしてもらっていました。紹介してくれる相手のことは、前もって、どういった感じの人が教えてもらえますから何の心配もなく二人だけで会うことが多かったわけですが、そのような場面では、お酒があったりしますし、お互いに充分大人ですから、話を合わせたりするのがマナーだと思うんですよ。ところがです!食事することなった相手の一人が常識ある大人とはいえない態度でした。最初から最後まで帽子をかぶったままで、会話しようとしても目も合わそうともしないで、驚くほど無愛想な態度でした。二人しかいないのにそれはないと思いました。そんな態度をとられたら、よっぽど私のことが嫌だったのかと普通だったら思うと思うんです。でも、帰ろうということも言ってこないんです。私の方でも、その人の態度に訳が分からなくて理由を聞くと「俺、人見知りだから、話すのが苦手で」と。(・・・)それを知って、呆れるほかなかったです。せっかく、色々と手配して一席設けてくれた友達夫婦になんだか申し訳なくて彼と別れた直後事情を話し、謝りました。ただ、私が謝る意味があったのかは不明です。

結婚活動でするイベントでの服装・メイクですが婚活のための「婚活ファッション…

婚活で行われるパーティーでの服装、メイクについては、婚活用という「婚活ファッション」「婚活メイク」というのがしっかりあります。一昔前に「合コン必勝法」と銘打って、女性誌が取り上げていたものと同様です。意外にも、結婚活動用のグッズはの市場規模が拡大傾向にあって、市場にも「婚活リップ」として有名な商品があります。世間ではかなり有名な商品なので、あなたも目にしたり、使ったりしたことがあるかもしれませんね。おそらく、合コンから婚活へと切り替わっているのでしょうか。異性からのリアクションが期待できる服の色や素材をはじめ、履く靴の感じ、それに、髪型・メイク方法といったものまで参加する婚活パーティーによって変えていく人もいます。婚活目的のイベントにも色々なカテゴリにわけられているものもありますが、高収入の男性が集まる婚活パーティーと普段の婚活パーティーとは違うと思います。極端なケースでは、高年収の男性に気に入ってもらうために、無理しながら、ブランドもののバッグやアクセサリーを手に入れて参加していた友達もいました。

結婚活動でやっているパーティー・マッチングサイトといったサービスを…

婚活目的のパーティー、または婚活サイトといったサービスを介してそこからどれくらいの割合で結婚ができているのか気になるものです。割合としてはおよそ2、3割のようです。婚活をしている人のなかには、少なすぎるのでは・・・という風に感じる比率かもしれません。だけれども、多くの場合、結婚する相手とは、思いのほか、結婚活動の外で出会うほうが断然多いのです。婚活中の人は、そのような点も理解し、日頃の生活を通じて「婚活」を意識しつつしなければいけません。どこに出会いが待っているかわからないからです。ふとしたキッカケによってめでたく結婚相手に出会うこともあるので、前向きな気持ちでがんばりましょう。